法人なり・上場の文例集

法人なり・上場案内の文例をご紹介します。
お取引先様へ挨拶状をお送りする際にご利用ください。

法人なり

有限会社から株式会社へ

謹啓 ○○○の候 貴社ますますご盛栄の由お慶び申し上げます
平素は格段のご厚情を賜り深謝申し上げます
さて このたび 弊社 有限会社○○○○は 事業拡大を機に
株式会社に改組 発足することといたしました
来る 平成○年○月○日より新会社としてスタートいたします
これもひとえに皆様方のご支援の賜物と心より感謝申し上げます
今後も何卒倍旧のご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます
略儀ながら書中をもって組織変更のご挨拶とさせていただきます
敬 白

有限会社から株式会社へ

拝啓 ○○○の候 いよいよご盛栄のこととお慶び申し上げます
さて このたび私どもはかねてより準備を進めておりました通り
組織をこれまでの有限会社から株式会社に改めることとなりました
来る平成○年○月○日より新社名○○○○株式会社としてスタートいたします
これもひとえに皆様のご支援によるものと厚くお礼申し上げます
今後は社員一同 より一層努力する所存ですので
なお一層のご指導・ご鞭撻を切にお願い申し上げます
まずは書中をもってご通知かたがたご挨拶申し上げます
敬 具 

株式会社化

謹啓 時下ますますご清栄の由 心よりお慶び申し上げます
平素はひとかたならぬご厚情にあずかり深謝申し上げます
さて 私ども 事業拡大に伴い このたび平成○年○月○日をもって
株式会社化する運びとなりました
これもひとえに皆々様の厚きご尽力によるところと深く感謝致しております
これを機に皆様のご期待に添えますよう一層邁進する所存ですので
何卒 倍旧のご厚情とご支援を仰ぎたくひとえにお願い申し上げます
まずは書中をもってご通知かたがたご挨拶申し上げます
敬 白

株式会社化

拝啓 時下 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のご高配に預かり厚く御礼申し上げます
さて 弊社はこのたび有限会社から株式会社に改組し ○月○日をもって社名を「株式会社○○○○」と変更致しました
これを機に社員一同 より一層 お客様の満足度向上の実現に邁進していく所存でございますので
何卒倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは失礼ながら 書中をもちましてご挨拶申し上げます    敬具
平成○年○月 

株式会社化

謹啓 時下 貴社におかれましては益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のご厚情を賜わり深くお礼申し上げます
さて この度当社は有限会社から株式会社に改め
来る○月○日より株式会社○○○○としてスタートを切る運びとなりました
つきましては これを機に社員一同心機一転大いなる抱負を持って前進する所存でございますので
今後とも倍旧のご支援を賜わりますよう切にお願い申し上げます
まずは取りあえず書中をもちましてご通知かたがたご挨拶申し上げます    
敬白
平成○年○月 

株式会社化 共同出資

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
御蔭をもちまして私どもの事業も一段と発展して参りました
これもひとえに皆様のご尽力によるものと深謝申し上げます
さて このたび○○○社と弊社の共同出資により
株式会社○○○○を新たに設立いたしました
今後は顧客の皆様のニーズに寄り添う会社となれるよう励んでいく所存です
なお一層のご愛顧・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
とりいそぎ 書中にてご挨拶申し上げます
敬 白

株式会社化 部門独立

謹啓 ○○○の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
さて このたび 弊社にてこれまで○○○部として
運営してまいりました部門を
平成○年○月○日付をもって「○○○○○」株式会社として
新規設立することとなりました
これまでに培った経験と実績をもとに 社員一同鋭意努力する所存でございます
引き続き 格別のご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます
敬 白

個人事業から株式会社へ

謹啓 ○○○の候 ますますご盛栄の趣お慶び申し上げます
平素は格段のご厚情を賜り深謝申し上げます
さて このたび○月○日をもって個人事業としての
○○○○○○を発展的に解消し
左記(下記)の通り○○○株式会社を設立いたしました
これもひとえに皆様のご支援によるものと厚くお礼申し上げます
今後は社員一同 皆様のご期待に添えますよう専心努力する所存ですので
倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます
とりいそぎ 書中にてご挨拶申し上げます
敬 白

有限会社から株式会社へ 新事務所開設

拝啓 ○○○の候 ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます
平素は格別のお引立てに預かり厚く御礼申し上げます
この度 弊社 ○○○有限会社は組織を株式会社化しこれを機に左記(下記)に
事務所を新設いたしました
今後は皆様の御要望に応えるべく鋭意努力していく所存でございます
なにとぞ倍旧の御指導 御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは書中をもってご通知かたがたご挨拶申し上げます
敬 具 

株式会社化

謹啓 ○○の候 ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます
日頃は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます
さて 弊社儀 創立○周年を契機に一層の飛躍を期して 来る○月○日より社名を「株式会社○○○」と改称いたすことになりました
有限会社○○に賜りましたご厚情に衷心より感謝申し上げますとともに 今後とも何卒倍旧のご支援お引立てを賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます
謹 白 

小売店 法人化

謹啓 時下 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
日頃より格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます
さて 長らく個人商店「○○○」として皆様にご愛顧いただいておりましたが このたび平成○○年○月○日をもって「株式会社○○○」を設立する運びとなりました
これもひとえに皆様方のひとかたならぬご愛顧の賜物と感謝いたしております
今後とも何卒倍旧のご支援お引立てを賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます
謹 白 

法人から個人へ

謹啓 時下 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます
さて 弊社儀
長年にわたり株式会社○○○○○としてご愛顧いただいてまいりましたが このたび ○月○○日付をもって法人組織を解散し ○月○日より個人事業所「△△△△△」として新発足することになりましたので ここに謹んでお知らせ申し上げます
つきましては従業員一同心を新たにし一層の努力をいたす所存でございますので なにとぞ倍旧のご支援お引立てを賜りますようお願い申し上げます
まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます
謹 白 

上場

社会的責任

謹啓 時下ますますご清栄の段お慶び申し上げます
さて 弊社株式はこのたび○○○○証券取引所市場に上場する
こととなりました
ここに謹んでご報告申し上げます
これもひとえに皆様方のご支援の賜物と心より感謝申し上げます
これを機に上場企業としての社会的責任を自覚し
皆様のご期待に添うよう専心努力いたす所存でございます
何とぞ一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは取り急ぎ 書面にてお知らせかたがたご挨拶申し上げます
敬 白

社会的責任 日付

拝啓 ○○○の候 貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます
平素より格別のお引き立てを賜り深謝申し上げます
さて 弊社株式はこのたび○○○○証券取引所のご承認をいただき
平成○年○月○日を持ちまして○○○○へ上場いたしました
ここに謹んでご報告申し上げます
これもひとえに皆様方のご支援の賜物と心より感謝申し上げます
これを機に上場企業としての社会的責任を自覚し
社員一同 社業発展に邁進いたす所存でございます
今後ともより一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは書面にてお知らせかたがたご挨拶申し上げます
敬 具 

価値を高める

拝啓 ○○○の候 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます
平素は格別なご高配を賜り厚く御礼申し上げます
さて、この度弊社株式は、○○○○証券取引所に上場することとなりましたので謹んでご報告申し上げます
これを機により価値の高い○○に邁進していく所存でございます
今後ともより一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
まずは取り急ぎ お知らせかたがたご挨拶申し上げます
敬具